2018年04月13日

陶工房鳴海 開設20周年記念 陶展

陶工房鳴海

開設二十周年記念

陶展

会場:東桜会館  地下鉄高岳駅

日時:平成30年4月13日(金)〜15日(日)


同時開催:第16回チャリティーバザー

主催:陶工房鳴海

後援:中日新聞社、中日社会事業団


愛高教退職者の会のHさんから案内を頂いた。焼き物は大好きだ。
東桜会館へいくのは久しぶりだ。

陶器に関心を持ち、窯場めぐりをしたことがあった。福岡出身の友人と、九州の大分・日田 小鹿田焼の窯場めぐりをしたこともあった。

時には、その友人と多治見の窯場めぐりもした。今はその時に買った、皿とか丼を食事に使っている。生活の中に、好きな陶器を使う。


会場で、案内のはがきのHさんの名前を見て、受付の方が、Hさんを会場に探しに行ってくれた。Hさんにお礼を述べ、早速、Hさん夫妻の作品を見せてもらった。


奥さんは、かわいいお人形さん3つであった、ほのぼのとする小さな人形であった。人柄が出ている。ご主人は皿である。素朴さがある。
感想を述べ、チャリティ会場の販売を教えて頂いた。


そこで、花瓶のような、カップのような焼き物を見つけた。色合いが気に入った。もう一つ、水差しというか、花瓶というか何に使うか分からないが、何にでも使える器を見つけた。

久しぶりの焼き物と出会いだ。今迄頑張ってきた自分への褒美として2つ購入した。
机の上において、ペン立てとして使いたいと思った。


会場に戻り、作品展を見た。皆さん、思いを込めて作品を作っている。
特に面白いと思ったのは、力作というか、すごい作品と思ったのは、イギリスのウエストミンスター宮殿・国会議事堂の陶器による作品だ。ビッグベンのある議事堂だ。世界遺産となっている。こんなに細かい部分まで陶器による作品を作ろうとしている。9割がた完成に近づいているようだ。すばらしい。


毎年、この催しをしていると聞いた。来年も来たい。
お寺のある静かな高岳の街を歩いて、駅に戻った。



posted by 花井英男 at 19:59| 文学・芸術