2018年04月21日

公認心理師現任者講習会受講

公認心理師現任者講習会

主催:日本心理研修センター

日時:2018年4月17日(火)〜20日(金)
9:00〜18:00

場所: 東京 大田区産業プラザ・大展示場




大田区の産業プラザは、USPT研究会の研修会場としてきたことのあるなじみの所である。近くに羽田空港がある。一度羽田空港を見に行きたいと思っている。
私は、蒲田の商店街の雰囲気が好きだ。京急蒲田駅からJR蒲田駅までの商店街の雰囲気が、好きだ。独特の雰囲気がある。

公認心理師法に基づく文部科学大臣及び厚生労働大臣指定講習会である。
約600数十名の参加だと思われる。

参加者は主に、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々であろう。プラス、各地から来た補講を受ける人たちである。各方面で活躍する臨床心理士だと思う。90分近い講義があり、その後、グループ討議があり、事例について各自が検討した結果を持ちより、お互いが実践に基づき話し合い、その後、全体で交流する仕組みになっている。お互いの発表を聞きあい、サポーティブな雰囲気でディスカッションする雰囲気でしましょうということになっている。



私の参加したグループは、3人グループで4日間、同じグループで、お互いがどんな仕事をしているか分かり、お互いがサポーティブに話し合い、親睦を深めた。なごやかで、学ぶことも多く、実りも多いものだった。
若い方たちで大変お世話になり、しっかりした実践経験を持つ方たちであった。老体の私に気を使ってくれてありがたい。

講師を務めた方々は、大学教員、東京の病院臨床に長らく携わる医師たちであった。
堅い、内容であるが、ユーモラスな話の仕方をされる講師陣であった。
講師自身も公認心理師を受験する方々である。



5年以上の実務経験を持つ人(臨床心理士)が、文部科学大臣及び厚生労働大臣が指定した講習会を受講することで受験資格が付与される。


テキストは、金剛出版の公認心理師現任者講習会テキスト2018年版
一般社団法人日本心理研修センター監修



心理療法が約400もある中で、治療効果のある、エビデンスのある心理療法は限られている。公認心理師として、取得すべき知識及び技能は何か。


「公認心理師の職責」、「主な分野に関する制度」、「主な分野に関する課題と事例検討」、「精神医学を含む医学に関する知識」、「心理アセスメント」、
「心理支援」、および「評価・振り返り」の科目合計30時間学ぶ。


主な分野とは、保健医療分野、福祉、教育、司法、犯罪、産業,労働の分野である。


「主な分野の制度」に関しては、それぞれの分野の法律についての理解・周知が必要になる。今迄、臨床心理士の場合、法律関係はほとんどの場合、関係しない人が多かったと思う。


4日間、9時から6時までのハードな日程をよくこなしたと思う。じっくり復習をして、9月の試験に備えたい。私は、臨床心理士として16年目に入る。今迄、学会で長い時間の研修を受けてきた。久しぶりに系統的な研修を受け、重視したい所、新たに勉強しなければいけないところなどが見つかった。

4泊5日の宿泊所は、飯田橋のセントラルプラザ・18,19階であった。北海道の中学生が空路で羽田まで来て、60〜70名が滞在したり、オーストラリアの中学生が多数滞在した。風呂で彼らと一緒になった。外国人の滞在者が多い。

最後の晩は、同室の中国の北京から来た青年と英語で話をした。こちらの英語が通じなくて、青年は、スマホで大阪城の写真を見せてくれて、スマホで話をした。清潔で、きれいな宿泊所だ。朝食は、バイキング方式で、質素であるが満足できる食べ物であった。

飯田橋のセントラルプラザは、1階に衣料品、食べ物を売る店があり、そこで夕食は買った。カット野菜に40円のドレシングをかけて食べた。40円のドレッシングは気に入った。名古屋に帰宅して、近所のスーパーで探したが、カット野菜はあるが、40円くらいの何種類かのドレッシングは見つけられなかった。

東京で一番困ったのは、地下鉄の乗継だ。朝、飯田橋から、東西線に乗り、日本橋で、京急線に乗り換えるとき、複雑な地下道を長い間歩かなくてはいけない。京急蒲田で降りると、どちらの改札口から出るのか迷ってしまう。3日間これでかなりまいった。

3日目の帰りは、JR蒲田駅まで歩き、JRで宿まで帰った。最後の日の朝は、JRで蒲田まで来た。この方がストレスが少ないことに気が付いた。京急蒲田駅から、JRの蒲田駅までの15分くらい歩く商店街は、昭和の雰囲気があると思った。

3日目夕食は、JR蒲田駅の近くで、餃子と天津飯を食べた。最後の夕食もJR蒲田駅で食べ、新幹線で帰途についた。JR蒲田駅付近は、京急のバスが走っている。田舎のバスという感じだ。東京という都会の中に、古い昭和の雰囲気があるように思う。












posted by 花井英男 at 13:15| 研修

2018年04月13日

陶工房鳴海 開設20周年記念 陶展

陶工房鳴海

開設二十周年記念

陶展

会場:東桜会館  地下鉄高岳駅

日時:平成30年4月13日(金)〜15日(日)


同時開催:第16回チャリティーバザー

主催:陶工房鳴海

後援:中日新聞社、中日社会事業団


愛高教退職者の会のHさんから案内を頂いた。焼き物は大好きだ。
東桜会館へいくのは久しぶりだ。

陶器に関心を持ち、窯場めぐりをしたことがあった。福岡出身の友人と、九州の大分・日田 小鹿田焼の窯場めぐりをしたこともあった。

時には、その友人と多治見の窯場めぐりもした。今はその時に買った、皿とか丼を食事に使っている。生活の中に、好きな陶器を使う。


会場で、案内のはがきのHさんの名前を見て、受付の方が、Hさんを会場に探しに行ってくれた。Hさんにお礼を述べ、早速、Hさん夫妻の作品を見せてもらった。


奥さんは、かわいいお人形さん3つであった、ほのぼのとする小さな人形であった。人柄が出ている。ご主人は皿である。素朴さがある。
感想を述べ、チャリティ会場の販売を教えて頂いた。


そこで、花瓶のような、カップのような焼き物を見つけた。色合いが気に入った。もう一つ、水差しというか、花瓶というか何に使うか分からないが、何にでも使える器を見つけた。

久しぶりの焼き物と出会いだ。今迄頑張ってきた自分への褒美として2つ購入した。
机の上において、ペン立てとして使いたいと思った。


会場に戻り、作品展を見た。皆さん、思いを込めて作品を作っている。
特に面白いと思ったのは、力作というか、すごい作品と思ったのは、イギリスのウエストミンスター宮殿・国会議事堂の陶器による作品だ。ビッグベンのある議事堂だ。世界遺産となっている。こんなに細かい部分まで陶器による作品を作ろうとしている。9割がた完成に近づいているようだ。すばらしい。


毎年、この催しをしていると聞いた。来年も来たい。
お寺のある静かな高岳の街を歩いて、駅に戻った。



posted by 花井英男 at 19:59| 文学・芸術

2018年04月06日

愛高教退職者の会 花見の会

愛高教退職者の会

名瀬・知多地区花見の会

2018年4月5日

荒子川公園(中川区) あおなみ線荒子川公園駅




好天に恵まれ、荒子川公園に20名近くが集まった。荒子川公園は、最後の勤務校、県立惟信高校の近くであり、時々来たことはあったが、広大な公園の中には入ったことがない。


なつかしい顔が集まった。気さくに話しかけることが出来る人たちだ。始めに、幹事の後藤さんから、案内板の前で、荒子川公園の歴史を聞いた。


昔、物資運搬の交通網として、名古屋市内に中川運河などいくつか運河が作られた。荒子川は、その一つであり、その運河を結びつけて、運搬する機能を持たせようとしたが、途中で、交通機関の発達とともに、必要性がなくなった。


昭和の後半に公園として整備された。公園の規模としては、かなり大きいものであることが、皆さんと歩いているうちに分かった。

名古屋市内には、白鳥公園、鶴舞公園、大高緑地、徳川園、庄内緑地、山崎川、昭和区の新しい公園など桜などで有名な所がある。


ここはラベンダーで有名である。桜でも素晴らしい所である。桜は、すでに先週満開であった。所どころに、八重桜が咲いていた。


新緑、葉桜の時期になっていた。久田さんは、在職中に、遠足にここへ来たと話してくれた。キャンプ場でバーベキュウをした。

園内を一周する形で、歩きながら、近況を話ながら、交流をしながら歩いた。
お互いが勤務校を話ながら、昔のことを話した。


子どもがお世話になった学校の先生にお礼を言いながら歩いた。
公園の中の道は、桜並木になっており、先週はすごい人出であった。
並木道は、車が入れないので遊歩道だ。


川沿いに名古屋港方面に歩いた。23号線を渡った。全部で8千歩歩いた。
公園の中は、キャンプ場有り、日本庭園あり、ラベンダー園あり、お店有り、屋台有り、ベンチ有りゆったりできる。



幹事の高田さんから、今年の総会は、傘寿だから出席してくださいと案内を頂いた。気配りをして頂いてうれしい。


公園内を一周して、マイクロバスで会場に行った。「木曽路」で交流会になった。
ここでは、毎日どんな生活をしているか、どんなボランティアをしているか、お互いが気さくに話した。


地域で、子どもたちに学習支援、食事支援をしている本多さんは、熱心に活動状況を話してくれた。自分の体をいたわりつつ活動している。

自分の小学生、中学生、高校生時代の先生の思い出を話してくれた人もいた。
奥さんが3歳まで満州にいて、自分が生まれた所に行きたいということで、満州に行かれた。もう少しで孤児になるところであったという。


めーグル号に乗って、市内観光をするボランティアをした荒川さんは、名古屋市内には、観光の名所が結構あり、名古屋は素晴らしい所だと言っていた。


私の前に座った、ご夫婦とは、話が弾んだ。安城養護学校で退職された女性と大学教員の御主人であった。私の新任校・緑ヶ丘商業高校時代の森下先生とお知り合いで、更に、尺八、三味線をする上村さんと知り合いであることが分かった。


さらに、私の勤務校であった名古屋養護学校の松田さんと知り合いであった。私たちの話しを聞いていた小島さんが、一宮聾学校に勤務していたと話した。竹沢先生の話へと発展した。思わぬ出会いであった。









posted by 花井英男 at 08:41| 旅行