2018年01月11日

T.S.エリオットの詩の講義 中日文化センター

中日文化センター

T.S.エリオットの詩を読む
―20世紀モダニズム研究―



20世紀前半のイギリス文学は、「T.S.エリオットの時代」と呼ばれます。第 一次大戦後のヨーロッパにおける新しい芸術運動―その一つはシュールリアリズムですがーの中で革新的な役割を果たしたエリオットの詩を検討してみたいと思います。



2017年1月12日(木)

講師:名古屋大学名誉教授 岩崎宗治
開講日:第2・4木曜日13:30〜15:30
テキスト:T.S.Eliot, Selected Poems
(Faber 80th Anniversary Edition 2009)
T.S. エリオット『荒地』岩崎宗治訳 岩波文庫



本日の詩は、
The Love song of J.Alfred Prufrock


今日から、いよいよT.S.エリオットの詩の講義が始まった。
エリオットは、1948年、 「今日(こんにち)の詩文学への
卓越した貢献に対して」ノーベル文学賞を受賞した。

岩崎先生訳の岩波文庫を使っての授業だ。
20余名の出席者は全部出席だ。
エリオットの詩なんて、とても一人では読めっこない。

予習をして、一言も聞き漏らさないようにと思って、聞こうとするが、悲しいかな私は耳が遠くなってしまって聞き取れない。

先生が冗談を言って皆さんが大声で笑っていても分からない。難しい詩が何とか分かったつもりだ。




posted by 花井英男 at 22:20| 文学・芸術

原発ゼロ法案 提出

原発即ゼロ法案発表


原自連・個人や団体でつくる「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が国会内で、すべての原子力発電の廃止及び自然エネルギーへの全面転換の促進に関する基本法案骨子を発表した。

原自連は会見後、各党を訪問し、同法案を説明した。

会長、吉原毅城南信用金庫顧問、小泉純一郎、細川護煕両元首相らが顧問、近江屋信広元衆議院議員らが同席した。

2018年1月11日、新聞各紙は、この記事を説明している。立憲民主党、共産党などは、歓迎の方向であり、連携する方向であるとみられる。


顧問の小泉純一郎氏は、「安倍政権で、原発ゼロを進める期待は出来ない。しかし、いずれ、原発ゼロは、国民多数の賛同で実現すると思っている。どの政党であれ、原発ゼロ、自然エネルギー推進に全力で取り組むなら、我々は協力して行く。」と述べた。


各政党に賛同を促し、22日に、召集予定の通常国会に提出を目指す。



posted by 花井英男 at 11:10| 原発ゼロ