2018年01月06日

マインフルネスの効用

マインドフルネスの効用



マインドフルネスは、誰でもできる簡単な呼吸法である。
辛い感情に悩まされる人にも、健康な身体の人にも、健康な心身を作るために適用できる。


NHKの「サイエンスゼロ」という番組で、マインドフルネスを紹介した。


熊野宏昭先生(認知・行動療法学会前理事長・早稲田大学教授)が、実演を指導して、マインドフルネスを、

スタジオで数分間、デモンストレーションをして、司会の竹内薫,南沢奈央に実際に試してもらって、その感想を聞いた。


南沢奈央は2−3分、実施しただけで、「心が落ち着きますね」、「不思議な感じがしますね」と言った。
どんな人がやっても、少し穏やかな気持ちになれる。

私は、熊野先生の、認知・行動療法学会での、ACT・アクセプタンス&コミットメントセラピーの講義の中で、
マインドフルネスについて、何度も講義を受けた。日本のマインドフルネス研究者の一人だ。


今や、カウンセリングの従事しているカウンセラーで、マインドフルネスを実施していない人はない。

マインドフルネスは、短時間で実行できる。「3分間呼吸法」といってもよい。

マインドフルネスの効果を脳科学の分野から、明らかになっていることを紹介した。
ストレスに関係する、海馬と扁桃体の量の変化について、次のように報告した。

マインドフルネスをすると、海馬が大きくなり、扁桃体が小さくなる。この量の変化はいい傾向だと言う。
アメリカの大学の研究者が、脳の画像の変化を見せた。

また、悪さをする遺伝子の活動が下がる。その結果、
慢性の肥満、癌、老化、動脈硬化を防ぐ効果があると報告した。

熊野先生は、マインドフルネスに近い、活動として、公園の散歩を公園のいろんなものを感じながら歩くこと、

お茶、お花の活動の、感じている時間がそれに相当するという。
考えている時間ではない。

短時間の番組であったが、有益な番組であった。


以下に、番組のホームページを紹介します。


2017年1月6日(土)
NHKEテレ
午後0時30分〜 午後1時00分
サイエンスZERO


「新・瞑(めい)想法 “マインドフルネス”で脳を改善!」


今、めい想が大ブーム!宗教性を排除し、「マインドフルネス」の名で世界中に広まっている。


その理由は、最新の脳科学により、わずか数日の実践で脳が改善することが分かってきたためだ。


ビジネスの世界では効率をアップさせると大人気。


さらに医療の現場では、うつ病の再発防止などでも応用されている。


番組では簡単に実践できるマインドフルネス法もご紹介!


脳が劇的に変化を遂げ、ストレスから解き放たれる秘密に迫る!



【ゲスト】早稲田大学人間科学学術院教授…熊野宏昭,
【司会】竹内薫,南沢奈央,【語り】土田大



posted by 花井英男 at 13:44| 認知行動療法