2017年12月04日

横綱の品格

横綱の品格



最近、白鵬関について、厳しい批判を聞いた。私は、なるほどと思って聞いて帰った。
数日たって、今朝の民放TVで、白鵬関を批判する内容を見た。なるほどと思った。

白鵬の取り口は、勝てばよい、強ければよい。どういう手を使ってもよい。白鵬には、「俺がルール」という考え方がある。という趣旨の指摘だった。


先日も、審判に不服を言うポーズを見せた。それに対して審判部から厳重注意を受けた。
家内は、立会後、張り手を使うことにけしからんという。確かにそうだなああと思う


これが禁じ手すれすれの手であるという。
相撲の取り手については、難しいことは何も知らない。

見当はずれのことを言うかもしれない。
白鵬は、自分自身を、「横綱」に「大」を付けてもいいんじゃない、と自分で言った。

これはどうかと思う。私も、白鵬はすごいなと、日頃から思っていた。しかし、見るべきところを見ている人たちがいる、と思った。

モンゴルから来ている力士が活躍している。
「モンゴリアン チーム」という文字の入った、服というか着物を着て、街を歩いているということが指摘された。

貴乃花関の素晴らしさが紹介された。貴乃花関は、「横綱の品格」という本を愛読していたことが紹介された。

モンゴルから出稼ぎに来ている力士たちが多い。どの国から来ていてもいい。相撲を愛するなら。

朝青龍関、日馬富士関のように、品格のない横綱になってほしくない。






posted by 花井英男 at 10:07| 相撲