2016年03月28日

国東半島 史跡めぐりの旅

国東半島 史跡めぐりの旅
3月25日(金)〜26日(土)

 

長年の家内への感謝の気持ちを込めて久しぶりに旅行をした。
家内が別府に一度行きたいというので、中部空港から大分空港に飛んだ。所要時間1時間。新幹線で行けば、いくだけで、長時間の乗車で疲れてしまう。


別府と湯布院を世界の温泉地として紹介した功績をたたえた、別府駅前のブロンズ像油屋熊八を見て、別府地獄組合の地獄めぐりをした。
今は、韓国人とか中国人が多いのだろうか。ハングル語と中国語の案内がある。
日本語の読み方が難しい、地名が沢山出てくる。
鉄輪―かんなわ、日出―ひじ、田染(たじみ)、国東(くにさき)

昼食は、りゅうきゅう丼(大分名物という)マグロ丼のようなもの。


関アジ、関サバが食べたかったが、中々それは食べられないことが分かった。
コバルトブルーの海地獄、グレーの球状の鬼地獄、珍しい地球の底から湧いてくる現象を見た。

夫婦お互いが健康で生きられるのはうれしい。足取りも重くなってきた。
初日は、7千歩だった。


2日目は、定期観光バスで、別府駅9:15発、大分空港16:00着の国東半島史跡めぐり。


この日は、9千歩以上歩いた。

話のうまい熟練したガイドさんだった。
是非、伝える時は、「美人」のガイドと伝えてほしいとのことだった。
ガイドさんの解説は、ベテランで、ユーモラスで、歌も上手で、最高のガイドさんであった。
こんなガイドさんに出会えて幸せだった。

大分は、海産物と温泉で、何もいい所がないという印象が、国東半島めぐりで吹き飛んだ。

宇佐神宮というすごい神宮を参拝した。
宇佐神宮のホームページよれば、下記の通り。
 ガイドが、「みなさん!!!USAに着きました。日本にいるのに、USAに来ました。」と言いました。

「全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。」

「725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。」

「東大寺の大仏建立や道鏡の神託事件の時など、数々のご神威をあらわし皇室を護られたことで朝廷から厚く信仰されてきました。」

伊勢神宮に続いて、皇室とつながりの深い所。



一番感心したのは、天台宗の仏教遺跡群である。


 718年開基の富貴寺(蕗寺)は、この地にあった、榧(かや)の大木、1本で立てられたと伝えられている。
しかし、荒れ放題になっていたのを改修して観光客に見せられるようにした。子どもの遊び場、野生動物のすみかとなっていた。

檀家はない。世話している僧侶が観光客に説明をしてくれた。創立の頃は素晴らしい彩色だった。この辺は、修行僧が沢山住んでいたという。

昼食は、富貴寺で大分名物、団子汁を食べた。
「ほうとう」のようなもの。終戦直後に食べた、「すいとん」に似ている。ひらたい、うどんのようなもので、だんごではない。本当に軽い食事。


この寺の解説を聞いた後、土地の物を売っている男の人は、話し好きの人だ。
ここで、イチジクの乾燥した物を買った。サクランボの乾燥した物も売っていた。
この店の店頭に、お婆さんが座っていると思ったら、なんと、案山子であった。
 この地方では、田んぼに案山子がある。沢山の案山子の子どもたちが観光客を迎えるポーズで田んぼの中に手を挙げて立っていた。


ガイドさんによれば、
この地方には、このように、檀家もない、坊さんもいない、お寺が30位あるという。修業を積めばここの僧侶になれるとガイドさんが言っていた。

こんな田舎にこんなにたくさんのお寺が出来たのは、昔、阿弥陀仏信仰が流行したから。


熊野磨崖仏


 写真集で、熊野磨崖仏の存在は知っていた。
まさかこんな風に訪れるとは思わなかった。
磨崖仏を見て信仰の深さを実感した。


熊野磨崖仏は、大分県豊後高田市にある平安時代後期のもので、国の重要文化財及び史跡に指定されている。

平安時代後期の作と聞いて驚く。

鬼が一夜で築いたと伝えられる乱積みの石段。
手すりがつけられている。
果たして、磨崖仏のところまで行けるだろうかと思うほど、乱積みの石段を上った。

不動明王像


 向かって左、高さ約8mのの不動明王半身像。
風化が進行しているため、口元に柔和な笑みを浮かべているようにも見えます。なかなかユーモラスです。

 
大日如来像


 向かって右、高さ約6.7mの大日如来半身像。
不動明王像よりも制作年代が下ると推定されています。こちらの仏様は厳かな雰囲気です。

 こんな高い山の上に、石仏を彫ろうと思う信仰心はすごいと思った。




posted by 花井英男 at 07:58| 旅行

2016年03月24日

美術展 鑑賞

美術展  鑑賞
第66回 中部二科展
2016年3月23日(水)−27日(日)
愛知県美術館ギャラリー8階


 24日(木)、風の強くて寒い日だ。この風は、「春北風・はるならい」というのだろうか。

 堀尾一郎先生の作品は出ていなかった。「風の街」水野興三さんの作品が好きだ。風景画である。


同じ美術館の中で、第36回彩画展を見た。
日本画・水墨画。



 私の好きな風景画が多い。
いいなあと思う作品は、
秋光  
薬師寺遠望
平湯の春
野花
野菊
東山公園
新涼U
上高地新緑
回生白馬山
里の道
実る
晨UU
爽籟 


 聞けば皆、アマチュアの人だという。うまいなあと感心する。

続いて、伏見町の電気文化会館で開催中の
  104回チャーチル会 名古屋絵画展 創立65周年記念
を鑑賞した。


 作品の特徴は、名古屋市内の建物を題材にしていること。
例えば、名古屋市役所、松重閘門、熱田神宮、文化の道二葉館、科学館、八事の五重塔、大須観音など。
もう一つの特徴は、自画像を描いている人が、たくさんいた。
皆自分を大切にしているという感じだ。

私の好きな作品は、
師崎の漁港
牡丹
苗木城から見た恵那山
作品 2 (椿の絵)
どんぐり広場で


 チャーチル会は、イギリスのチャーチルの趣味についてのエピソードに基づいて、昭和25年頃から有志が絵画を始めたという。

posted by 花井英男 at 15:31| 文学・芸術

2016年03月21日

学会参加  ACT Japan 目白大学新宿キャンパス

学会参加

ACT Japan
2015年度年次ミーティング

目白大学 新宿キャンパス 7号館 07A00教室


1日目 3月19日(土)

13:00〜14:15 ワークショップ 機能分析 谷晋二(立命館大学)


14:25~15:45 事例発表
1) 山村 祐子 (嶺南こころの病院)
再発を繰り返すうつ病患者へのACT

2) 西岡真広 (名古屋市立大学医学研究科精神・認知行動医学)
進行性食道がん患者に対するACT エクササイズをどう工夫する?

15:55~17:25 シンポジューム1
臨床行動分析の実践から学ぶ:臨床場面での「機能的・文脈的」な視点


司会・企画  三田村 仰 (関西福祉科学大学)
話題提供
瀬口篤史(犬山病院)
柳沢博紀(犬山病院)
三田村仰 (関西福祉科学大学)
指定討論
武藤崇)(同志社大学)



2日目 3月20日(日)

10:00~11:20 事例発表

1) 岡本利子(嶺南こころの病院)
脱フュージョンが困難な青年期社会不安障害へのACT


2) 富田望、本多暉、岩田彩香、熊野宏照(早稲田大学大学院)
おう吐恐怖症を併発した広場恐怖症患者へのACT


11:30~12:00 総会
12:00~13:30 休憩


13:30~14:50 事例発表
1) 刎田文記(はねだ ふみき) (株式会社 スタートライン)
統合失調症を有する障害者の職場における継続的なACTの実践による効果について


2) 岩田彩香、杉山風輝子、富田望、熊野宏照(早稲田大学大学院)
ADHDを併発した社交不安障害へのACT


15:00~16:30 シンポジューム2「面接室と日常生活をつなげる工夫」
司会・企画 高橋稔 (目白大学)
話題提供
 酒井美枝(同志社大学)
 嶋大樹(早稲田大学大学院)
 斉藤順一(早稲田大学大学院)
指定討論 
近藤真前(名古屋市立大学)     
 


 ACTに関心を持っていた。沢山本を買ってつんどく状態だった。今回同じクリニックの瀬口君から、学会で発表すると聞いて、参加した。ACTを本格的に勉強しようと思う。どの本から入るか、瀬口さんと滋賀県のKさんから教えて頂いた。

 ACTは実験行動分析、応用行動分析、臨床行動分析、アクセプタンス・コミットメント・セラピー(ACT)
の一部である。
ACTは、これら4つをカバーする分野のうちの一つである。

 80〜90名位の参加。参加者は若い人たちが多い。将来を背負う青年達の参加・活躍がうれしい。熊野宏照(早稲田大学)、武藤崇)(同志社大学)、谷晋二(立命館大学)、三田村仰 (関西福祉科学大学)、
 近藤真前(名古屋市立大学)と名古屋市立大学精神科のドクター達などが学会をリードしている。

 話題提供の瀬口篤史(犬山病院)、柳沢博紀(犬山病院)の発表はよかった。中京大の首藤先生も参加していた。柳沢君とは久しぶりに話が出来た。瀬口君の発表は、楽しく、武藤先生が落語のようだと言ったが、楽しく発表した。

 嶺南病院は、谷先生の指導を受けて、ACTを積極的に取り入れているとのことだった。滋賀県のK先生(EMDR学会での友人)は、立命館のマスターコースで谷先生の下で勉強したとのことだ。詳しい事情を聴かせて頂いた。

 名市大の精神科のドクターはEMDRでも、CBTでも、ACTでも積極的に取り入れている。初日、大学から大江戸線中井駅までの道が迷路のようで迷ってしまった。名市大の先生も迷ってしまい、お互いが声を掛け合って話したら、お互いが名古屋から来ていることが分かった。名市大の精神科のドクターだった。


 目白大学のキャンパスは、緑の目立つ、古い大木が目立つ静かな雰囲気がある。大学周辺は静かな住宅地帯。大江戸線中井駅と西部新宿線中井駅の近くの商店街は,食堂、パンや、焼き肉屋、寿司屋、中華料理などの店があり、大変魅力的な店が並んでいた。初日の夕食は、食堂でとった。大正時代開店の古い店でおいしい食事だ。

今回の発表の中ですばらしいと思ったのはらしい、東京の
  刎田文記さん(株式会社 スタートライン)
  「統合失調症を有する障害者の職場における継続的なACTによる支援」である。
 統合失調症、発達障害などの障害を抱えた人たちへの、在職中の再発したり、不調になったら、企業から支援要請を受けて、その人への支援をして、継続的に在職できるようにしている取り組みだ。

 障碍者を雇う企業と契約し、障害者のメンバーさんたちが、不調になったら、カウンセリングをして、復帰できるように支援をしているということだ。相当沢山の企業が参加している。東京地方では7〜8か所の支援機関の支店を持つという。障碍者の就職後の支援は大切なことである。このようなものが全国的にできていくことが望ましい。

 株式会社スタートラインのHPを見たら、障碍者への職業紹介をしていることだ。回復しても、就職がなかなか難しい人が多い。HPの中でこのような場を作っているのは素晴らしいと思う。



posted by 花井英男 at 09:42| 認知行動療法