2018年12月16日

日曜美術館 柚木沙彌郎

NHK 日曜美術館

2018年12月16日(日)  午前9時〜9時45分


「うれしくなくちゃ生まれない 染色家 木沙弥柚郎の模様人生」  (ゆのきさみろう)



日曜日の朝は、日曜美術館を見るのが楽しみだ。

今朝は、何気なく、見ていて吸い込まれてしまった。

難しい文字の、「柚木沙弥郎」「ゆのきさみろう」とよぶようだ。

年令は、95才の彩色家。作品が楽しい。6月の再放送だという。

「心が躍るような模様を布地に染める」と紹介している。

ピッタリの表現だ。

素朴で惹きつけられる模様。


「命のある」と表現している。

何と言って表現していいか分からない。

とにかく楽しい模様だ。


「柚木沙弥郎公式サイト」というのがある。

そこには、以下の紹介がある。

news 
展覧会など最新情報
2018.10.5更新

profile
略歴 

works
主な仕事の紹介

library
出版物の紹介web図書館

gallery
過去の展覧会の記録

notebook
柚木沙弥郎雑記帳
2018.12.01更新

Mail

以上。
posted by 花井英男 at 18:32| 文学・芸術

松尾敏男展  松坂屋美術館

松尾敏男展

2018年12月15日(土)

松坂屋美術館 

地下鉄 矢場町

松尾敏男という、名前を聞画家の展覧会を家内と見に行った。

経歴を見ると、1926年3月9日 - 2016年8月4日、日本画家、日本芸術院会員、日本美術院理事長。多摩美術大学元教授。

すごい経歴の人だ。

私は田淵俊夫などが好きだ。



興味がわいた。


入口の絵から見始めると、抽象画から始まった。

難しい。これは苦手だ。

堅山南風に40年間師事したという。

小学校時代から、絵を描くの好きだった。入選し、中学校でも入選した。
高校卒業し、本格的に、堅山南風に学んだ。


初期の抽象的な作品は、入選した。

ある時期から、抽象画を脱した。ボタンの絵など見て分かる絵だ。

分かりやすい花の絵だ。


「翠園」(すいえんと呼ぶのか)というタイトルの絵。2001年作。衆議院蔵。

紫と白のしょうぶの花の絵。



途中で、生涯と作品をビデオ解説のところで一服した。

長崎県出身で、3歳の時に東京に引っ越した。長崎出身であることを名誉にしていると。

眺めの良いホテルの部屋から、長崎の坂の多い街を眺めて絵を描く場面が出た。

細かく、本当に細かく、隅々まで長崎の街と遠くの山を描いていた。すごいと思った。

それを全部、うすい何色か言い難いが、その色で消してしまい、真っ黒に近い色にしてしまった。


驚いた。


どうするんだろうと思った。出来上がった絵は、長崎の夜景だ。

そのほとんど真っ黒に塗った画面に、灯りを示す、黄色の小さな点を付けた。


人々の住む街。人の心を表そうとしたという。

ほのぼのとした夜景だ。



帰りは、屏風の絵の作品のポストカードを1枚買った。


中日ビルの洋服店に、購入したズボンを引き取りに行った。

2階のサンモリッツで昼食をとった。ここで食事をするのも最後かもしれない。

中日カルチャーセンターの講座の後は、数人でここにきて、お茶をすることにしていた。

今度の久屋中日ビルには、喫茶店がない。

地下1階は、もう閉店にした店が多くなった。寂しくなった。











posted by 花井英男 at 08:42| 文学・芸術

2018年12月09日

AEDP JAPAN ワークショップ 大阪

AEDPJAPAN ワークショップ

日時:2018年12月8日(土) 11:00〜17:00

主催  AEDP JAPAN

会場:TKP大阪本町カンファレンスセンター3Fホール
大阪 D I C ビル

大阪メトロ御堂筋線 本町駅 12番出口


発表者

花川ゆう子
臨床心理学博士、ニューヨーク州認定サイコセラピスト
米国AEDP研究所ファカルティ、ニューヨーク・マンハッタンにて個人開業。


杉原保史
京都大学学生総合支援センター、センター長(教授)。PH.D.
AEDPセラピスト



福島哲夫
大妻女子大学人間関係学部・同大学院人間文化研究科教授。
AEDPセラピスト





当日のプログラム

11:00〜13:40

花川ゆう子

講演&デモセッション

休憩

13:40〜14:20



討論&質疑応答


14:20〜17:00
花川ゆう子


杉原保史

福島哲夫

クライエント役(臨床心理士)


AEDPとは、HPによれば次の通りです。


「The Transforming Power of Affect (邦題「感情の変容力」)の作者であるダイアナ•フォーシャにより生み出されたAEDPは、多くの分野にルーツを持ち、またそれらと共鳴しています。その中には愛着理論、感情神経科学、身体アプローチ、そして変容に関する諸研究などがあります。」

次の言葉に刺激を受け、ワークショップに参加しました。



「AEDPの精神を表すのに次の言葉がぴったりきます。私たちは私たちの患者さんたちが ー そして自分たちも ー 傷ついたところで強くなることを助けること。

トラウマや、喪失や、人間の関わりの限界の痛々しい余波に対して心の作業をすることで、私たちは常に強く、絶対傷つくことのなかった心の場所を発見するのです。」



AEDPは、英語で、Accelerated Experiential Dynamic Psychologyの略。

日本語で、「加速化体験力動療法」と訳す。


AEDP創始者ダイアナ・フォーシャの本、

「人を育む愛着と感情の力」(福村出版)

の日本語翻訳本が出版された。

HPから、人物像を引用すると次の通り。

フォーシャ博士は、ニューヨーク市にあるニューヨーク大学およびセント・ルークス・ルーズベルト医療センターの精神医学・心理学部における教員を務める。広く講義を行うと共に、ワークショップ、遠距離講座、集中トレーニングを国内、およびヨーロッパ、アジア、北米、南米、そして中東といった海外でも行っている。また、彼女の愛するニューヨーク市においては、指導、スーパーヴィジョン、そして個人開業とともに、AEDPのスーパーヴィジョングループも時々行っている。彼女の英雄には、チャールズ・ダーウィン、D.W.ウィニコット、ウィリアム・ジェームズ、そしてパティ・スミスがいる。


詳しくは、AEDPジャパンのHPを見られたい。


ワークショップに参加しての感想


参加者は、ホールに一杯の、140名参加。隣の青年は、地元の大阪からの参加者。
周囲で聞こえる声から、関西の訛りが聞こえる。


地下鉄「本町」駅から出て、すぐの所に、DICビルがあったのに、反対の方向に、歩いて、道に迷い、30分遅れて、会場に到着した。


名古屋でも、TKPビルでの研修会場で迷った。この時は、電話をして会場の場所は、すぐに分かった。やはり、電話番号を調べておくなど準備が必要だ。


トラウマ関連のカウンセリングでは、このAEDPのカウンセリングでは、バックグラウンド、情報聴取なしで、会った瞬間から、始まる。オープンさとつながりを大切にする。


遅刻して入っていったが、話の内容に吸い込まれた。

バックグラウンドには、愛着理論、感情神経科学、身体アプローチ、変容に関する、諸研究などがある。

話の内容は、実践的ですぐに使える内容ばかりだ。
杉原哲史先生が、コンパッション・フォーカス・セラピー(CFT)に共鳴していると言っていた。

AEDPJAPANのHPからも少し引用したい。

「AEDPは、癒し志向で、病理ベースではない。

他者に見詰められ、知られ、認められる深い願望に動かされ、人間は他者とつながりたいという皆に共通する根本的な人間的ニーズを分かち持っています。
以下省略。」


話を聞いていて、実践的だ。

いいワークショップだった。


ただ一人参加者の中に、岩国市から来たTさん(EMDR療法,USPT療法の知り合い)がいて、ゆっくりと話をすることが出来た。いろいろと情報を有難うございました。



posted by 花井英男 at 12:35| 心理療法