2018年08月12日

エリオットの詩を読む  中日文化センター

T.S.エリオットの詩を読む
―20世紀モダニズム研究―
Part V(7月〜9月)
講師:岩崎宗治 名古屋大学名誉教授 文学博士
開講日:第2・4木曜日 13:30〜15:00

テキスト
 T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳(岩波文庫)2011
T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳 (国文社)2,009
T.S.Eliot  Four Quartets (London  Faber and Faber 1944,2001)

中日文化センター
2018年8月9日(木)

Four Quartets を読む
East Coker T−U

岩崎宗治先生からの提案。


現在、エリオットの詩を読んでいるが、この後、10月からは、イギリスの詩人、ジョージアンのウオルター・デラメアの詩を取り上げたい、という提案がなされた。

デラメアは、エリオットの前のジョージア朝の詩人。エリオットの詩の前は、どんな詩人がいたか。エリオットの詩を理解するためにも、いい詩人であると言われた。
モダニズムを理解するためにもいい作品であると。


ジョージ5−6世時代(1910−52)、特に、ジョージ5世時代(1910-20)の文学、特に田園詩などを指す。
Walter de la Mare, ウォルター・ジョン・デ・ラ・メア(Walter John De La Mare, OM、1873年4月25日 – 1956年6月22日)は、イギリスの小説家、詩人。優れた児童文学作家。

原書は、The Listeners and Other Poems Walter De la Mare
Leopold Classic Library 2400円

翻訳詩集は、岩崎先生の尊敬する知人である、静岡大学名誉教授 村松真一先生。
「耳を澄ますものたち他」 村松真一訳 沖積社 2012   2400円

10月からのテキストの準備をしておられた。原書のテキストの入手方法まで検討されていた。リプリント版だという。

日本では、児童文学作家として有名であるようだ。すでに児童文学作家として知っている人がいた。

それにしても、岩崎先生は、元気である。89才にして、元気そのものだ。尽きるところがない。今流の言葉でいえば、「半端、ない」

本日は、ハンドアウトを、4枚頂いた。
1枚は、本日の詩East Cokerの詩に関わる、写真2枚。ブリューゲルの絵、「野外での婚礼の踊り」

2枚目は、「四重奏」の翻訳詩集を出版した時、朝日新聞(名古屋)(2009,6.2)に寄稿された、記事のコピーである。タイトルは、『薔薇と亡霊と「四重奏」』岩崎宗治 英文学者。四重奏の4つの詩について、簡潔に解説を述べたものである。

残り2枚は、デラメア詩集「耳を澄ますものたち他」村松真一先生の訳詩集の中の、「静謐をたずねて」の文章である。


10月からの詩への案内だと思う。この暑い毎日にへこたれそうになっているのに、先生は、準備されている。有難いことである。

posted by 花井英男 at 12:15| 文学・芸術

2018年07月17日

CBT Case Camp 2018 in 滋賀

CBT Case Camp 2018 in 滋賀

2018年7月15日(日)10:00am〜16日(祝)5:45pm
会場:ピアザ 淡海(おおみ)
207会議室

滋賀県大津市におの浜1−1−20
京阪線 石場駅

主催 日本CBTスキルアップ研究会

共催 一般社団法人CBTを学ぶ会

後援:CBTセンター・認知行動療法勉強会・三重CBT研究会


内容

教育 講演

様々な困りごとへのエクスポージャー療法の実際
岡嶋美代先生

効果的なセラピストになるためのポスト・ソリューションの臨床パラダイム
白木 幸二先生


模擬面接&ロールプレイ
西川 公平先生


ケース発表

発表者とコメンテーター 略

ケース1  「汚れ恐怖で外出困難な方へのエクスポージャーを用いた関わり」


ケース2  家族の自死に直面したことから様々な不都合を呈した男性へのCBT


ケース3  確認強迫が約20年続いている40歳代男性に対する看護師の認知行動療法

ケース4  四六時中仕事のことが頭から離れない中間管理職男性への認知行動療法
〜目標設定かと認知行動療法の導入〜

ケース5 会話中の相手の仕草が気になって話せなくなる口臭症患者への対応




CBT CaseCamp は今回で7回目だという。

私は始めての参加。ケース研究があるということで期待を持って参加した。
名古屋から近いということで便利だった。
名古屋―京都間は、新幹線で35分、京都―膳所間はJRで10数分。京阪膳所から石場駅まで10分。

教育講演について。
強迫性障害(OCD)に関して、国内で実践において、指導者的な存在の一人である、岡嶋先生の講演を聞けるのはうれいしい。
岡嶋先生は、九州の国立菊池病院において、長年、原井宏明先生と実践をされた。そののち、昨年までなごやメンタルクリニックにおいて、原井先生と10年間、活躍された。日本国内から、飛行機などで、なごやメンタルクリニックに患者さんがきたという。フランスなど海外からも患者さんが名古屋へ来られると原井先生は話されたことがあった。

強迫性障害(OCD)治療は、日本では、医師は、薬物療法のみをする人が多く、改善が望めないことが多い。行動療法による改善が望まれるが、実践できる医師、心理士が少ない状況である。


岡嶋先生は、最近、名古屋の御園座の近くに、BTCセンターなごや、東京にもBTCセンター東京を開設された。若手の心理士と活躍されている。次世代の心理士が養成されている。すばらしい。


私は、原井先生と岡嶋先生の著書と翻訳書、3冊を勉強している。最近は、合わせて飯倉康郎先生の「精神科臨床における行動療法」(岩崎学術出版)などを合わせて読んでいる。


この学術書は、2010年に書かれたものであり、もう古いという面もある。
一方、翻訳本・「強迫性障害を自宅で治そう!」[2001]は行動専門医による本で、
それなりに参考になる。


今回の岡嶋先生の講演での内容は、up-to-dateの内容で、先生の実践的研究の最前線の見解であった。大変参考になった。

先生に、休憩時間に質問をして親切に答えて頂いた。

今回の発表の内容は、10月の認知・行動療法学会年次大会のワークショップの内容であると言われた。この講演を聞けて、大変、得をした気持ちである。


名古屋で活躍されている、白木幸二先生の講演は、臨床心理士など心理臨床にたずさわる者の実力・スキルアップ・能力・スーパーバイズ・教育分析など・実践力・治せるかどうか等について、厳しい反省・自戒を促す指摘である。

ユニークな活躍をされている。時々、ブラックユーモアを交えて話された。時々、爆笑が起こった。
こんな活躍をしている人が名古屋にいるのかと、思った。名刺を頂いた。


西川公平先生の「模擬面接・ロールプレイ」は、基本的な面接での実践を、全ての参加者がするものであり、厳しい内容である。いい勉強になった。
合わせて、西川先生のケース2の実践発表も素晴らしいものであった。


参加者がすべて討論に参加し、発表しなければいけない仕組みになっている。
参加者は全部で、80名位であった。心理士が一番多く、医師の参加も多かった。医師が積極的に参加しているのが印象に残る。作業療法士、看護師、PSW、障害者施設の幹部(社会福祉士)なども参加した。

9つのグループに分かれて討議に参加し、各グループが意見をまとめて発表した。


参加者は、北は北海道から、東京、東海地方からも、近畿地方が多いようだ。群馬県、島根県からの参加者とも話をした。認知・行動療法に対する熱意・期待が強く感じられる。今まで築き上げられた、認知・行動療法の財産の継承がなされているように思える。

臨床心理士になって、数年という人の発表が目立つ。何よりも、実行委員のメンバー達の元気さ、陽気さ、関西風の笑いを大切にする雰囲気である。滋賀、福井、京都、大阪近辺の心理臨床に携わる若手が牽引力になっている。


このCase Campに新しい参加者も目立つ。若い臨床心理士、1年目とか、数年とかの人が、認知・行動療法、ここでは、行動療法系の認知・行動療法に対する期待が大きくなっている。
障害者施設に勤務する指導的な存在の人との出会いもあった。臨床心理士以外の参加も大切である。


私が2日目に参加したグループの中には、東京大大学院の若手の研究者・臨床心理士(博士号取得)とか、企業に就職した臨床心理士(博士号取得)、いくつかの学校を担当するSCであり、病院臨床もしている若い臨床心理士(EMDRに関心を持つ)、大阪の医師とか、障害者施設の理事長がいた。若手も、古い人も参加したグループであった。


泊まった旅館と琵琶湖疏水について



参加者は、3つ旅館、ホテルに分宿した。
旅館は、3階建ての花村旅館。京阪「三井寺」駅の近く。冷房の効いた、清潔な旅館。

この旅館は、高校生、大学生の合宿などで大変よく利用されていて、宿泊者の女将への手紙・礼状・新聞記事・写真が館内に沢山、張り出されていた。リピーターも多いようだ。


宿の女将さんが素晴らしい方で、琵琶湖疏水(そすい)の説明、疏水沿岸の桜並み木のすばらしいこと、京阪電車のすばらしさ、三井寺がすぐ近くにあるから行って見なさいと言ってくれたこと、近辺のことなどを朝食後にゆっくり話してくれた。

朝早く起きて、旅館の近辺を散歩した。朝早くから、釣りをしている人たちがいた。声をかけたら、岐阜から来た青年は愛想よく答えてくれた。ニコッと笑って、なかなか釣れないと言っていた。

私は、琵琶湖疏水について、もう少し知りたいと思っていた。思わぬところで、琵琶湖疏水に出会った。旅館の近くは、まさに、琵琶湖疏水の取り入れ口である。

公園には、明治時代から状況を書き記した掲示が出ていた。肥船が来て、野菜を置いていったと記述してあった。琵琶湖疏水について歴史を書いた掲示が疏水の橋に出ていた。


琵琶湖疏水は、若い技師の指導のもとにおこなわれた。明治初期の20年間の、国家的事業だった。その後、第2期の工事があり、明治後期に20年間位かけて完成したという。京都までの長い距離の工事が完成した。京都の人たちは琵琶湖の恩恵を被っている。三井寺の山の下を疎水は通っているという。
滋賀県は下水道の工事が他府県に比べて遅れたという。

路面電車が走っていることに驚いた。2両編成のかわいい電車である。京阪電車の沿線には、学校が沢山あるので、通勤・通学電車でなくてはならない存在になっているとのこと。


旅館の女将は、数年前の知事選に女性知事の当選について話してくれた。新幹線の駅を作る必要もないのに、無理やりつくろうとしたり、琵琶湖に空港を作ろうとした立候補者がいて、反対運動をして、女性知事が当選した。

滋賀県は、災害の少ない、生活の出来るすばらしいところだということを誇りにしているとのこと。

三井寺がすぐ近くだから、是非行ってくるようにと言われ、汗だくだくになって行ってきた。入口の門前まで行って引き返した。研修会の時間の都合で、中へ入れなかった。いつかゆっくり行きたい。

2日目は、研修会の会場へは、三井寺駅から、石場駅まで、涼しい冷房の効いた、京阪電車で行った。

会場のピアザ淡海は、石場駅から近い。NHK津放送局など大きな建物などを通り抜けると湖畔に出る。会場は、琵琶湖湖畔にあり、湖畔の周囲は、緑地帯があり、ベンチがおいてあり、雰囲気の良いところである。魚釣りをしている人がいた。

今回の研修会を世話されたスタッフの皆さんの献身的な奉仕に心から感謝申し上げます。益々、研修会の発展を期待しております。




















posted by 花井英男 at 12:09| 研修

2018年07月13日

T.S.エリオットの詩を読む  中日文化センター



このたびの西日本豪雨災害の皆様にお見舞いを申し上げます。


T.S.エリオットの詩を読む
―20世紀モダニズム研究―

Part V(7月〜9月)
講師:岩崎宗治 名古屋大学名誉教授 文学博士
開講日:第2・4木曜日 13:30〜15:00

テキスト
 T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳(岩波文庫)2011   または、

T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳 (国文社)2009

T.S.Eliot  Four Quartets (London  Faber and Faber 1944,2001)

中日文化センター
2018年7月12日(木)

Four Quartets を読む
“Burnt Norton” T〜U


今日から一人男性の参加者が増えた。私が、この講座に参加する前にすでに参加していた方だ。私の隣に座った。講座のことを聞かれるので、7月〜9月の予定表を見せて、話していたら、他の参加者が次から次へと、席の案内やら、テキストの案内を親切にテキパキと教えられた。英詩の好きな方のようで、エリオットの分厚い詩集を持参されていた。



岩崎先生から、ハンドアウトが1枚出された。
その中には、Burnt Nortonのthe rose gardenの写真,
詩の、Dry the pool,dry concrete, brown edged の光景のカラー写真、
Emily Hale の2枚の写真、
本、”Painted Shadow A Life of Vivienne Eliot”のカバー写真。
これらの資料は、エリオットの伝記と今日の詩に関わる重要ものであった。



講義の内容
Burnt Nortonを読み始める前に、岩崎先生から、「これは難しい詩である。」と。
モダニズムについて話された。これは建築界での用語である。


新しいものの主張である。古いものをこわす。伝統破壊。建築の世界で機能主義的建築をめざすもの。生活に役立つ建築形式を求め、形が簡単、装飾がない。幾何学的。

この傾向が表れている作品を列挙された。フォークナーの小説にあらわれている。E.E.カミングの詩、ジョイスの「ユリシーズ」、「ダロウェイ婦人」、などに、意識だけが出てくる、物語のシークエンスをこわす。
エリオットの「荒地」は、ユリシーズをまねた。

エリオットの生涯に触れた。
エリオットの最初の結婚はひどいものであった。「荒地」を書いたとき、エリオットも不安定だった。妻・ビビアンは、心を病んでいた。エリオットは心労が重なり、苦境に陥り、結婚は失敗だった。

中略。

エリオットは、若い時、エミール・ヘイルと付き合っていた。誰も結婚する仲だと思われた。しかし、エリオットは結婚しなかった。

ハーバード時代の恋人であった。彼女は、女子大の先生になった。長く文通は続いていた。
2020年に書簡が公開されるという。

エリオットは、ヘイルをイギリスのノートンのカントリーハウスに案内した。カントリーハウスとは、地方の3階建の貴族の邸宅。女王が来た時に3階でもてなす家だという。
ある事情で、このカントリーハウスが燃えてしまった。


Burnt Nortonの中で、ヴィヴィアン、エミリーのことを書いていると思われる。

バーント・ノートンの詩の最初の部分は、次のような内容。


現在の時間と過去の時間は
おそらくともに未来の時間のなかに現在し
未来の時間はまた過去の時間のなかに含まれる。


あらゆる時間が永遠に現在するとすれば
あらゆる時間は償うことのできぬもの。


こうもあり得たと思うことは一つの抽象であり
永遠に可能以上のものではなく
ただ思念の世界にとどまる。


こうもあり得たと思うことと、こうなってきたこととは
つねに現在する一つの終わりに向かう。



この詩の内容は、「私たちの時間の中には、自由はない。
未来は制約されている。」ことを示しているのではないか。


イギリス国教会の信仰を持つ、エリオットによれば、
私たち人間存在(Nature)は神の恩寵(Grace)の中にある、と思われる岩崎先生は話された。


エリオットのバーント・ノートンの最初にT〜Uは、このような内容であった。


講座の後は、久しぶりに、喫茶店で3人で2018ロシアワールドカップの
サッカーの試合の感想、講座の内容についてざっくばらんに話した。




posted by 花井英男 at 19:23| 文学・芸術